家系図制作・家紋調査は歴史調査士・行政書士のいるRealRootsに!。過去帳に基づく調査で、戸籍以上のご先祖様を探し出します。

08032281389

歴史調査で欠かせない十干十二支

歴史調査で、史料にあたると必ず出てくるのが「十干十二支」(じゅっかんじゅうにし)。ちょっと頭に入れておくだけで、読み取れる内容が大幅に変わってきます。

■ 「十干十二支」とはなにか?

十干十二支は古代中国で生まれた考え方で、朝鮮半島を通じて日本に伝えられました。十干(じゅっかん)と十二支(じゅうにし)を組み合わせたもので、略して「干支」。読み方は「かんし」で、日本では「えと」です。中国・朝鮮半島・日本では暦(こよみ)として利用されました。

■ 十干十二支それぞれの読み方
十干の読み方 十二支の読み方
  • 甲:きのえ・こう
  • 乙:きのと・おつ
  • 丙:ひのえ・へい
  • 丁:ひのと・てい
  • 戊:つちのえ・ぼ
  • 己:つちのと・き
  • 庚:かのえ・こう
  • 辛:かのと・しん
  • 壬:みずのえ・じん
  • 癸:みずのと・き
  • 子:ね・し
  • 丑:うし・ちゅう
  • 寅:とら・いん
  • 卯:う・ぼう
  • 辰:たつ・しん
  • 巳:み・し
  • 午:うま・ご
  • 未:ひつじ・び
  • 申:さる・しん
  • 酉:とり・ゆう
  • 戌:いぬ・じゅつ
  • 亥:い・がい
■ 還暦の意味

十干と十二支をそれぞれ組み合わせていくと、60通りの組み合わせができます。

1 甲子 2 乙丑 3 丙寅 4 丁卯 5 戊辰 6 己巳 7 庚午 8 辛未 9 壬申 10 癸酉
11 甲戌 12 乙亥 13 丙子 14 丁丑 15 戊寅 16 己卯 17 庚辰 18 辛巳 19 壬午 20 癸未
21 甲申 22 乙酉 23 丙戌 24 丁亥 25 戊子 26 己丑 27 庚寅 28 辛卯 29 壬辰 30 癸巳
31 甲午 32 乙未 33 丙申 34 丁酉 35 戊戌 36 己亥 37 庚子 38 辛丑 39 壬寅 40 癸卯
41 甲辰 42 乙巳 43 丙午 44 丁未 45 戊申 46 己酉 47 庚戌 48 辛亥 49 壬子 50 癸丑
51 甲寅 52 乙卯 53 丙辰 54 丁巳 55 戊午 56 己未 57 庚申 58 辛酉 59 壬戌 60 癸亥

この60通りを暦に当てはめると丁度60歳の時に干支が元に戻ることから「暦が還る=還暦」という風習につながりました。ちなみに有名な甲子園球場は1924年の甲子(きのえね)の年に完成したことが命名の由来だそうです。

■ 干支で何年前のことか分かる

十干十二支は今から何年前のことかを調査するのにも役立つものです。例えば、2014年は甲午ですが、甲子園ができたのは1924年の甲子の年です。まず同じ甲なので2014年と西暦の一の位は同じとわかります。また、上の表で見てみると子の年は3行上なので甲子は30年前の1984年になりますが、甲子園はそんなに最近できたものでは無いはずなので十干十二支をさらに一回り分の60年をプラスして1984-60=1924年にできたというのが大体の計算でわかります。
元号が不定期に変更される明治時代以前の日本では、元号だけの表示では年数の計算ができません。そのためこの考え方を利用して、計算を容易にしようとしたのです。ですから、古文書をみると、年号とともに必ず干支が記載されているのです。またこれは、1日ごとの日にちにも利用され、平安時代~室町時代の公家の日記などにもよく見られます。

現在は年度など時間の流れを表す単位に西暦や元号を用いるのが普通ですが、しかし、西暦を元号に変換して考える時などは不便を感じてしまいます。十干十二支はその不便を解消するために生み出された昔の人の知恵です。家系図調査では古文書の読み解きや苗字由来調査も必要になる場合がありますので、調査依頼の際に調査費用の相場などのご相談と合わせてお気軽にお問い合わせください。

資料請求はこちら

 

ページトップへもどる