facebook

日々の活動

あなたはお墓の前で誰を思う?

01JPN03024

 

こんにちは。イシカワです!!

 

8月に入り、

祖先のことを思い出すきっかけとなることが

多くなっているのではないでしょうか?

 

昨日は、8月6日、広島原爆投下の日です。

9日は長崎。

そして、15日は終戦記念日です。

ちょうどこの終戦記念日がお盆と重なっていることに

僕は1つの不思議を感じます。

 

 

皆さんもお盆になれば、

ご先祖様のお墓参りに行かれると思います。

ちょうど戦争で亡くなられた方をお参りする

お膳立てがされているようです。

この機を逃さず、しっかりとお参りして欲しいと思います。

 

さて、ところであなたがお墓参りに行ったときのことを

思い出してください。

または想像してください。

 

「あなたは誰を思ってお参りしますか?」

 

おじいさん、おばあさん、

もしかしたら身近な家族で亡くなった方がいない場合は

特定の誰かを思ったりしないかもしれません。

 

でも忘れないでいただきたいのです。

あなたの命を繋いできたご先祖は無数にいます。

さすがにすべてを思えとは言いませんが、

ただ、ひいおじいさん、ひいおばあさんや、

さらにその上の世代の方だって、

ちゃんと存在したのです。

 

あなたはそのことを意識しているでしょうか?

 

また、上の世代の方のなかには、

生まれてすぐに亡くなった方、

子孫を作ることができずに亡くなった方も

たくさんおられます。

 

もしあなたが、直系の祖先の方だけを思うのでしたら、

子孫を残さなかった方は

いったい誰がお参りしてくれるのでしょうか?

 

そもそも私たちは、

家系図を作っていなければ、

そのような人たちの存在すら知りません。

 

ご先祖様をしっかり供養すると、

家の運気が上がり、

いろんなことがうまくいく言われています。

多くの方が書籍で書かれていますし、

私も事実だと思います。

 

何かわからないままお参りするのではなく、

あなたの命の源をしっかり知って、

そして心からお参りすることが

大事なのではないでしょうか?

「苗字の由来」調べてみませんか!?
当社では、「苗字の由来」調査も承っております。
あなたはなぜ、今、その苗字を名乗っているのですか?あなたの苗字は、あなたの祖先の誰かが「名字」を名乗り始めた、それが今まで繋がっているのです。
ご先祖様は、なぜその名字を選んだのでしょうか?あるいは、ご先祖様は。なぜその名字で呼ばれたのでしょうか?
名字の歴史は1000年の物語。ぜひ、ご自分の苗字の「意味」を知ってください。⇒お申込み・お問い合わせはこちらをクリック!

 

記事下バナー4_03

-日々の活動