家系図制作・家紋調査は歴史調査士・行政書士のいるRealRootsに!。過去帳に基づく調査で、戸籍以上のご先祖様を探し出します。

08032281389

家系図を作る意味とは?

このサイトを訪問してくださった方は少なからず、どんなご先祖様がいたか、自分の家系はどのようなものか、なぜこの苗字なんだろうか、といったことに興味をお持ちだと思います。

なぜ興味を持たれたのですか?

その理由は人それぞれだと思いますが、家系図を作成する何らかの意味や必要性を見つけられたのではないでしょうか?もしかしたらそれは言葉で説明できないかもしれませんね。実際に自分の家系図を作成した経験から、私は家系図を作成するのは次の3つの意味があると考えています。

(1)自分自身を発見できる

家系図を作りたいというお考えの方の多くは、「自分のルーツを知りたい!」という思いからではないでしょうか?

「自分のルーツを知る」とはどういうことなのか……私は、「自分自身が何者なのかを知ること」に他ならないと思います。

ご先祖様を知ることにより、自分は何者で、なぜ生まれ、なぜ今ここに存在しているのか……そんな問いに対する答えが見えてきます。すると、不思議なもので、急に目の前の景色が明るく、広く感じられるようになります。ご自身のルーツに対して強い興味を持っておられる方ほど、強くそのように感じられるでしょう。そして、人生そのものが楽しく感じられるようになると思います。

(2)命の大切さを実感できる

手をつなぐ

実際、家系図調査をするとわかるのですが、昔は乳幼児の生存率がとても低く、多くの方が生まれてすぐ亡くなったり、大人になれなかったりしました。当然、私自身の家系でもそうした方はたくさんいらっしゃいました。私は、家系図を作成しながら涙を流さずにはいられませんでした。そうです。ご先祖様が大人になって、子どもを産むということは、決して当たり前のことではなかったのです。

現在私たちの命があるのも、ご先祖様たちの奇跡の連続のおかげなのです。「この命が、とてもたくさんの方の命のリレーによって自分に受け継がれてきた」ことを改めて実感でき、自分の命の大切さをより一層感じることができます。

(3)子孫に「思い」も伝えられる

家系図を作成することによって、ご先祖様たちを皆様のご子孫に伝えていくことができます。このことは本当に素晴らしいことだと思います。しかし、本当に伝えていくべきは、家系図を作成したあなたご自身の「思い」ではないでしょうか?

たくさんのご先祖様たちのおかげで生きている、それを子どものころから家系図を見せながらご子孫に話してあげてください。きっと、命の大切さを理解した、やさしい大人に育つことでしょう

そうです。あなたが子孫に伝えられるのは「命」だけではないのです。その「思い」も一緒に伝えられるのです。このことが家系図を作成する最大の意味なのではないでしょうか。

資料請求はこちら

 

ページトップへもどる