家系図制作・家紋調査は歴史調査士・行政書士のいるRealRootsに!。過去帳に基づく調査で、戸籍以上のご先祖様を探し出します。

08032281389

過去帳って何?

昨今の歴史ブームの影響もあり、自己ルーツに興味をお持ちの方も多いと思います。中でも家系図作成はご先祖様を辿るだけでなく、子孫にも思いを伝えることもできます。家系図は戸籍謄本・除籍謄本を使えば、江戸時代末までのご先祖様を辿ることが可能です。
さらに多くのご先祖様に辿り着くには、過去帳が必要になってきます。

過去帳とは

故人の戒名・俗名・死亡年月日・享年などを記録する帳簿を過去帳と言います。江戸時代に始まった寺請制度により、菩提寺に過去帳が備えつけられるようになりました。過去帳に書かれる内容は位牌と同じです。そのため、浄土真宗では位牌を作らず、過去帳を仏壇に供えます。もちろん地域差はあるので、きちんと調べることが大切です。

過去帳と位牌について

位牌は50回忌などの節目に菩提寺で処分してもらいます。これは位牌の老朽化や、数が増えることで供えるのが困難になるためです。
一方、過去帳は家系図の意味合いが強く、永続的に保管されるといった違いがあります。保管する際は本尊よりも下段に置き、月命日には故人のページを開きます。

過去帳の種類

最近は様々な種類の過去帳が販売されています。

【形式】

過去帳には和綴じの和本形式と折本形式があります。和本形式は寺院で用いられることが多く、在家の場合は折本形式が用いられます。そのため、折本形式は過去帖とも表記されます。

【表紙・紙の素材】

表紙に使用される素材は金襴・緞子などの布地や、黒檀・紫檀などの唐木、黒塗りの物が多いです。和紙の一種である鳥の子紙の他に、洋紙製が紙の素材に用いられます。

【日付】

過去帳は日付入り・日付無しの2タイプがあります。日付入りは命日ごとに分けられており、毎日その日付をめくり追善供養します。日付無しは死亡順に記入する年表式で、命日や法事に対象者のページを開き供養します。
主に日付入りが在家用で、寺院用には日付無しが用いられるケースが多いです。

家系図かもんでは歴史家行政書士が過去帳に基づく調査を行い、本格的家系図を作成いたします。家系図に関するご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

資料請求はこちら

 

ページトップへもどる