家系図制作・家紋調査は歴史調査士・行政書士のいるRealRootsに!。過去帳に基づく調査で、戸籍以上のご先祖様を探し出します。

08032281389

家紋を紐解いてみよう

家紋がどのようにはじまり、どのような流れで広まっていったかを紐解いてみましょう。

■ 身分や権威を示す

家紋は、王族や皇族が着物にあしらっていた柄からはじまったとされています。
牛車や持ち物に書き、自分が何者であるかを周囲に知らせる目的で使用されていました。
鎌倉時代になると、武士が好んで使用する傾向が強くなりました。
家紋入りの旗指物は戦場で味方をいち早く判別でき、対戦中の優勢具合を判断できたのです。
普段でも、着物や灯篭などに家紋をあしらい、自らの威厳を象徴するものとして掲げました。

■ マークとして

江戸時代には、紋付袴が広まったことで家紋は一般家庭にも浸透していきました。
礼服にあしらわれることも増えたため、大きさやスタイルが形式化されはじめました。
一方で、役者や遊女を中心として、ファッション的要素を強めた人気も高まりました。
家紋デザインを専門に行う絵師の登場で、とてもバラエティに富んだ家紋が次々と誕生しました。

■ 日本の家紋の特徴

庶民は各家庭にひとつの家紋を持ち、武士は複数の家紋(定紋と替紋)を使い分けていました。
日本史に登場する人物の家紋の中には、とても有名なものもあります。
西洋で家紋のような役割を持つエンブレムは、蛇・鷹・竜・鷲など強さを象徴する動物が多く見られます。
一方、日本の家紋は、花鳥風月など自然のものをモチーフとした優しいデザインが多いのが特徴です。
平和愛好民族という気質が、自然と家紋のデザインにも象徴されてきたのかもしれません。

■ 柄の種類

家紋には種類があり、絵柄ごとに異なる意味を持ち、願いを込めて作られました。
花や葉をモチーフにした植物紋には、五穀豊穣・武勇・縁起などの願いが込められています。
農耕民族である日本人が一番願いをかけたいもので、一番多く使用されている柄です。
その他には、蝶や鳥の羽をモチーフにした動物紋、武具や生活道具をモチーフにした調度紋、三つ巴を大乗とする文様紋などがあります。
文字紋では直江兼続の「愛」が有名で、個性的な家紋もあります。

歴史ドラマや時代劇などが話題になると、ご自身のルーツや家系の歴史に関心を持つ方も増えます。家紋調査や家系図制作の依頼を検討する方も、少なくないのです。
家系図かもんが行う家紋調査によって、その存在を確認することができます。
費用の見積りや、料金の相場に関してもお気軽にお問い合わせください。

資料請求はこちら

 

ページトップへもどる