家系図制作・家紋調査は歴史調査士・行政書士のいるRealRootsに!。過去帳に基づく調査で、戸籍以上のご先祖様を探し出します。

08032281389

家系図の見方

家系図制作や家紋調査は、家族のルーツ探しや法事の際にご活用いただけます。家系図かもんでも家系図調査・制作をご依頼いただくことが可能です。こちらでは、家系図を見る際に役に立つ、見方・読み方の基礎知識をご紹介します。

■親戚・親族の呼び名

親戚・親族は間柄の呼び方が難しいものもあります。祖父母やひ孫くらいまでは知っていても、何と呼べば良いのか分からない間柄も多いのではないでしょうか。

  • 両親の兄・姉…伯父・伯母
  • 両親の弟妹…叔父・叔母
  • おじ・おばの子供…従兄弟(いとこ)。自分より年上だと従兄(じゅうけい)・従姉(じゅうし)、年下だと従弟(じゅうてい)・従妹(じゅうまい)
  • いとこの子供…いとこ違い。従甥(じゅうせい)・従姪(じゅうてつ)
  • いとこの孫…従姪孫(じゅうてっそん)
  • 祖父母の両親…曾祖父・曾祖母
  • 曾祖父母の両親…高祖父・高祖母
  • 祖父母の兄・姉…大伯父・大伯母
  • 祖父母の弟妹…大叔父・大叔母
  • 大おじの子供…いとこ違い。父母より年上であれば従伯父(じゅうはくふ)・従伯母(じゅうはくぼ)、父母より年下であれば、従叔父(じゅうしゅくふ)・従叔母(じゅうしゅくぼ)
  • 孫の孫…やしゃご・玄孫(げんそん)
  • 玄孫の子…来孫(らいそん)
  • 来孫の子…昆孫(こんそん)
■ 線の種類

家系図には、二重線と一重線の2種類の線があります。一重線は血のつながりがある家族、二重線は養子や婚姻関係など縁組によるつながりです。線の交差方法の違いには特に意味はありません。

■ 続柄の書き表し方

家系図を制作する最大の目的は、続柄を知ることです。
その続柄を書き表す場合には、いくつかのルールに沿って制作することがおすすめです。

1)親子のつながりは一重線、夫婦のつながりは二重線で表記する。
2)夫婦は、夫を右側・妻を左側に表記する。
3)子供は、性別に関係なく生まれた順番で表記する。
  ※ただし、当事務所で家系図を制作する場合は、都合上、必ずしも順にならないことがあります。
4)後妻がいる場合の表記方法は、「後妻=先妻=夫」もしくは「後妻=夫=先妻」のいずれかとする。
5)養子がいる場合、実子は縦一重線で結び、養子は縦二重線で表記する。
6)基本的に没年齢は記載しない。

■ 縦型家系図と横型家系図の違い

家系図には縦型家系図と横型家系図で2種類の書式があります。縦型家系図は親・子・孫を縦一列に並べ、兄弟姉妹は横並びにする方法です。横型家系図は、代替わりごとに横に移動していく書式です。
どちらにも共通しているのが、兄弟姉妹は男女関係無く右側から年齢順に記載していくということです。家系図かもんでは、どちらの書式も標準で作成いたしております。

家系図制作や家紋調査は最近人気のサービスで、様々な目的でご依頼やお見積り料金のご相談をいただきます。家系図かもんでは、歴史系学部出身の古文書が読めるスタッフが調査にあたりますので、制度の高い家系図調査・制作が可能です。
相場についてのご質問や家系図・家紋調査について興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

資料請求はこちら

 

ページトップへもどる