家系図制作・家紋調査は歴史調査士・行政書士のいるRealRootsに!。過去帳に基づく調査で、戸籍以上のご先祖様を探し出します。

08032281389

調査史料

家系図を作成するために、主に次のような資料・史料を調査します。

戸籍謄本・除籍謄本

皆さんもご存じの戸籍謄本。これが家系図作りのもっとも重要な資料となります。

古い戸籍は、情報の宝庫です。生没年本籍地両親の氏名、その他戸籍の移動(例えば婚姻転居など)といった内容に加え、届出人が記載されています。

特に、ここに両親の氏名が記載されているということは、戸籍作成時にはすでに亡くなっていたとしても、氏名はわかるということですので、確実に一代さかのぼることができるということになります。ただし、この方々の生没年月日は戸籍からではわかりませんが…

除籍簿

明治31年式戸籍

また、届出人にも注目です。親の死亡届など、誰が届け出たのかを見ることにより、いろいろな家庭状況を読み取ることができる場合があります。

戸籍に属する人が死亡・婚姻等ですべていなくなった戸籍謄本は、除籍謄本となります。戸籍の保存期間は、戸籍法施行規則により定められており、近年、これまでの80年間から150年間に延長されました。以前であれば除籍簿一式の早期取得をおすすめしておりましたが、保存期間延長によりそれほど慌てることはなくなりました。しかし、何かの時に備えて、戸籍謄本・除籍謄本の取得はしておいた方がよいと思います。

宗門人別改帳

  

江戸時代前期、徳川幕府はキリシタン禁教を徹底するため、寺請制度(てらうけせいど)を実施しました。これは、キリシタンでないことを証明させるために、各宗派いずれかの寺院1つに、一般民衆を家ごとに檀家として所属させる制度です。そして幕府は、民衆が所属する宗旨と寺院(檀那寺)を書き上げた名簿を作成させました。これが宗門人別改帳(しゅうもんにんべつあらためちょう)です。

これは現在、公立図書館等に保存されている場合がありますが、あまり多くは残存していない史料です。

分限帳

  

分限帳(ぶげんちょう、ぶんげんちょう)は、大名が自藩が召し抱える武士の名を、役職や禄とともに書き上げた名簿です。多くの大名家で作成されたため、現在は地方自治体史に活字化されているケースが多く見られます。

このように分限帳は武士の名簿であるため、ご先祖様の身分が武士であれば、この史料からさかのぼることができる場合もあります。

過去帳

  

人が亡くなるとお葬式をしますが、各寺院では、檀家でお葬式をおこなった方の俗名(名前)、戒名死亡年月日享年戸主との続柄などを記録していました。これを過去帳といいます。各寺院で作成されますので、中には明治時代以降も引き続き書き加えてある寺院もあります。

この過去帳は残存率が高いので、家系図調査では、戸籍調査後に過去帳を調査します。ただし、当時の農民は苗字を持ってはいましたが、公称することはできませんでしたので、過去帳においても苗字の書かれていないタイプが多くあります。また、過去帳が寺院ではなく、一族の本家宅に保存されていることもよくあります。よって、史料が残っているからといって、スムーズにご先祖様を判明できるわけではありませんが、しかし、最も重要な史料であるといえます。

当事務所でも、「過去帳コース」では、もちろん過去帳調査を行いますが、過去帳のデータを裏付けるために、周辺調査もおこなっていきます。

しかし、過去帳は寺院で作成されたものです。ご住職様のご厚意で閲覧させていただける場合はよいのですが、中には見せていただけないこともあります。その場合は、調査自体が行き詰まります。

墓地・神社

  

過去帳の調査での追加、あるいは裏付けのため、菩提寺の墓地や、居住地周辺の神社を調査します。

墓石に刻まれた文字から、お名前が判明することもあります。しかし、長い年月が経過していますので、風化により、そのままでは文字が判別できないこともよくあります。その際は、さまざまなテクニックを駆使してなんとか解読を試みます。

また江戸時代は、村人が神社にさまざまなものを奉納しました。特に、神社の新築・建替や、鳥居・燈籠その他の建築物を奉納した際には、奉納者の名前を刻み込むこともありました。この場合、百姓であれ苗字を記しているケースも多く見られますので、思わぬ発見に出会うこともあります。

ページトップへもどる