家系図制作・家紋調査は歴史調査士・行政書士のいるRealRootsに!。過去帳に基づく調査で、戸籍以上のご先祖様を探し出します。

08032281389

家系図完成までの流れ

家系図作成をお申込みいただいてから、完成するまでの流れをご説明します。

(1)お問い合わせ

当サイトのお問い合わせページのフォームからEメールで、あるいはお電話でお申込みください。

なお、メールあるいはお電話をいただいた場合でも、お客様と十分な打ち合わせをし、ご納得いただいて初めて正式なお申込みを承りますので、お気軽にお問い合わせください。

また、詳細な資料も無料でお送りしていますので、こちらもメールあるいはお電話でご請求ください。

 
(2)お申込み

当事務所からお送りする書類に必要事項をご記入の上、その他必要書類をそろえて、郵送にてお申込みください。お送りいただく書類は、以下のとおりです。

ア.申込書
記名・押印をお願いします。また、調査をするコース、系統、苗字等、正確にご記入をお願いします。
イ.委任状
全国の役場から戸籍謄本・除籍謄本を代理取得するために必要な委任状に、住所・氏名をご記入の上、押印をお願いします。場合によっては、かなり多くの役場に請求をすることがありますので、委任状は多めにいただくようにしています。お手数ですが、ご理解の上、ご協力をお願いします。
ウ.本人確認書類の写し
委任状に記載のある本人であることの証として、「身分証明書の写し」が必要となります。運転免許証、写真付き住民基本台帳カードなどをコピーして、一部お送りください。なお、本人確認の書類は近年は下記表のようになっています。2つ以上必要な場合がありますので、詳しくはご相談ください。
エ.家紋の写真
代々伝わっている家紋があれば、その写真をお送りください。家紋は苗字の由来を知る上でとても重要なものになります。

本人確認書類(すべて有効期限内のものに限る)(1)は1点以上、(2)は複数必要

(一)1点で確認できるもの

 ・運転免許証 ・旅券 ・写真付き住民基本台帳カード ・船員手帳 ・海技免状 ・小型船舶操縦免許証
 ・運転経歴証明書(平成 24 年4月1日以降発行のもの) ・在留カード ・特別永住者証明書
 ・一時庇護許可書 ・仮滞在許可書 ・戦傷病者手帳 ・身体障がい者手帳 ・療育手帳
 ・宅地建物取引主任者証 ・電気工事士免状 ・猟銃・空気銃所持許可証 ・無線従事者免許証
 ・認定電気工事従事者認定証 ・耐空検査員の証 ・特殊電気工事資格者認定証 ・航空従事者技能証明書
 ・運航管理者技能検定合格証明書 ・動力車操縦者運転免許証 ・教習資格認定証 ・検定合格証
 ・国又は地方公共団体の機関の職員たる身分を示す証明書(本人の写真が貼付されたものに限る)

(二)複数必要なもの(A+A)又は(A+B)の組合せによる

 ・国民健康保険、健康保険、船員保険若しくは介護保険の被保険者証 ・共済組合員証
 ・国民年金手帳 ・国民年金、厚生年金保険若しくは船員保険に係る年金証書 ・医療受給者証
 ・共済年金若しくは恩給の証書 ・写真無し住民基本台帳カード
 ・交付申請書上に押印した印鑑に係る印鑑登録証明書 等
 ・学生証 ・法人が発行した身分証明書(国若しくは地方公共団体の機関が発行したものを除く。) ・国又は地方公共団体の機関が発行した免許証、許可証又は資格証明書(上記一に掲げる書類を除く。)
 
(3)戸籍謄本・除籍謄本の取得

全国の市町村役場から、ご依頼者様およびその尊属の方の戸籍謄本・除籍謄本をすべて取得します。

戸籍は一度にすべてのご先祖様(直系尊属)のものを取得できるとは限りません。途中で本籍地を移転している場合には、複数の自治体の役場から取り寄せることになりますので、その分、お時間がかかります。

(4)戸籍に記載されたご先祖様を書き上げます。

戸籍に記載されたすべての方の情報を整理し、家系図、家系譜、生没年一覧・比較表を作成していきます。さらに、ご先祖様の本籍地から、苗字についても調査を進め、その由来をできる限り判明させていきます。

(5)現地調査を行います。

「戸籍コース」をお申込みの方は、ここから現地調査をおこないます。菩提寺での調査、墓地調査、その他文献調査などをおこないます。その他、必要に応じて現地での聞き込み調査をおこないます。

ただし、過去帳その他の史料が残っていない場合もあります。その場合は戸籍以上のご先祖様がわからないこともあります。

(6)家系図完成!ご自身のルーツが明らかに!!

家系図その他の資料を作成し、ご依頼者様にお届けします。

資料請求はこちら

ページトップへもどる