家系図制作・家紋調査は歴史調査士・行政書士のいるRealRootsに!。過去帳に基づく調査で、戸籍以上のご先祖様を探し出します。

08032281389

古代の氏姓制度

「氏」・「姓」・「名字」。現代においては、いずれもファミリーネームを表すもので、ほぼ同じ意味で用いられています。しかし、本来、これらはその意味、成立の過程から、それぞれ全く意味の異なるものです。ここでは、古代の氏姓制度から、本来の「氏」と「姓」について説明します。

◆ 氏姓制度(しせいせいど)とは

氏姓制度とは、大和朝廷の支配制度です。成立は5世紀末以降といわれています。大和朝廷は、当時、各地で勢力をもっていた豪族を通して土地と人民を統治し、かつ、その豪族を秩序づけて政治体制を確立しようとしました。しかしこれでは何のことかわからないでしょう。この仕組みを理解するのはやや難しく、どうしても専門用語を使っての説明となりがちですが、ここでは、できるだけ簡単にイメージをつかめるようにしたいと思います。

◆「氏」(うじ)とは?

当時、大小の豪族は、その土地を所有し、支配していました。その土地と人民は、天皇のものではなく、あくまでも豪族のものでした。この豪族をまとめ、土地と人民を天皇が間接的に支配しようとした制度、それが「氏」(うじ)の制度です。

その方法は、まずその地域でもっとも有力な豪族と、やや小さな豪族をいくつかひとくくりにして、「氏」(うじ)を与えました。これは、いわゆる豪族支配のひとまとまりで、現在でいうファミリーネームといってもよいでしょう。ただ、ひとつの「氏」(うじ)にまとめられたのは同じ血縁の豪族だけではないというところが特徴です。あくまでも支配単位なのです。

この「氏」(うじ)の例としては、蘇我(そが)、物部(もののべ)、大伴(おおとも)などがあり、蘇我氏(そがうじ)などと呼ばれました。

「氏」(うじ)を統率するのは、氏の首長である「氏上」(うじのかみ)がおこない、この氏上を通して豪族たちは朝廷に仕えました。

◆「姓」(かばね)とは?

次に、この「氏」(うじ)に、国家的な身分あるいは立場を表すために与えたものが「姓」(かばね)です。およそ30種類もあるといわれています。具体的には、公・君(きみ)・臣(おみ)・連(むらじ)・造(みやつこ)・直(あたえ)・県主(あがたぬし)・史(ふひと)・村主(すぐり)・祝(はふり)などがあります。

このうち、蘇我氏や葛城氏などの天皇家の末裔には「臣」が、一方、天皇誕生以前の神々の子孫とされる物部氏や大伴氏には「連」が与えられました。そして、それぞれの「姓」(かばね)に応じた役職を勤めました。「臣」「連」からは、氏上(うじのかみ)などが、朝廷の中枢で政治に携わる「大臣」(おおおみ)「大連」(おおむらじ)といった役職に就き、地方でも各氏から選ばれた人物が「国造」(くにのみやつこ)や県主(あがたぬし)を勤め、大和朝廷の地方支配を担いました。

氏姓制度により、公式に豪族が自らを名乗る場合は、以下のようになりました。

蘇我臣馬子

しかしこの制度では、「姓」(かばね)が、本当に理解しにくいので、上記の蘇我氏でもう一度整理します。

蘇我=「氏」、臣=「かばね」ですが、さきほどもう一つ「大臣」(おおおみ)というものが出てきました。似たような名称なのでややこしいのですが、簡単にいうと、「姓(かばね)」が氏自体に与えられたものであるのにたいして、「大臣」(おおおみ)は、特定の個人が就く役職ということになります。

◆ 氏姓制度のその後

氏姓制度は、大化の改新以後、機能しなくなっていった。そして壬申の乱で有力豪族が一気に没落していくと、天武天皇は684年に八色の姓(やくさのかばね)を制定して、「姓」(かばね)の制度を再編成しました。文字通り、新たに「真人(まひと)」・「朝臣(あそん)」・「宿禰(すくね)」など8種類が制定されました。

やがて、時代が下がるにつれ、氏と姓の使い方があいまいになっていきますが、朝廷での公式な文書には、江戸時代末まで、氏と姓を並記する記載方法は変わりませんでした。

源朝臣尊氏

ちなみに、この「氏(うじ)」は天皇から臣下に与えられたものなので、当然、天皇に「氏(うじ)」はありません。もちろん「姓」(かばね)も。後年、「氏(うじ)」とは別に「名字」が名乗られるようになりますが、氏と名字は別物です。

しかし中には、村主(すぐり)・祝(はふり)などのように、この「氏(うじ)」と「姓(かばね)」がそのまま受け継がれ、現代の苗字となったものもありますので、やはり苗字の起源を考える上で、押さえておかなければならない重要な制度だといえます。

資料請求はこちら

 

ページトップへもどる